#43 駅前通1-44

エイプリルフールでもあったはずの四月一日なのに、「令和」の影で、嘘をついてみる気持ちにならないまま終わってしまった。

「れいわ」とパソコンで入力すると「0話」「レイ輪」…当たり前だが「令和」の気配なんて全くない。わたしたちは「令和」を知った。でもわたしのMacはまだ「令和」を知らないんだ。


2007年6月29日に発売された、iphoneだってそうだ。今、私の手の上に当たり前に毎日乗っかっているけど、この日の前にはなかった。iphoneのない世界に暮らしていたんだよな。

ちょうどiphone発売のころにApple storeに勤めていて、前日からお店の前に並んで開店を待っていた熱いAppleファンのみなさんを、ハイタッチでお店に出迎えた。店頭のデモ機の前にも順番待ちの列ができた。

指を滑らせるとページが切り替わる!ボタンが正面に一つしかない!指で拡大も縮小もできる!Googleマップも自由自在!

iphoneとお客さんががっしりと「はじめまして」する姿に、感動した。

一方で少し時間がたつと、ニュースでみたから来た、という「Apple? Mac?よくわかんない。でも面白そうだから」な人たちもお店に立ち寄ってくれた。

おサイフケータイは使えないの? ユーチューブ?なにそれ? ストラップがつけられないのはいやだなー。ワンセグもみられないんだー

店頭でお話ししていると、半分くらいはネガティブな意見だったとおもう。

それが10年ちょっとの時間を経て、こんなふうになっているんだから!

4月から新しいことをはじめた人。新しい場所にたった人。

世界は良くも悪くも変わります。あんなに馴染みそうもなかったiphoneが、一人一人の当たり前になったみたいに。

「令和」だって、言い慣れて、呼び慣れて、使い慣れてくるように。

今「わードキドキ」「わーきつーい」って思ってやっていることも、きっと「あたりまえ」になる日が来ます。

自分で自分をかっこいい!と思える姿を、頭の中に描いて、声に出して、手足を動かして、少しずつ「あたりまえ」にしていきたいですね。

LITERSにお立ち寄りいただいて嬉しいです。ありがとうございます。

4月は、ぐっと背伸びしたくなる季節。気づいたら本当に背が伸びていたりして。

RECOMMEND