見えない世界の力を信じて

それはきっと、もの心ついた頃から。私の好きなもの(こと)は「お洋服」と共にもうひとつ。 それは「見えない世界に思いを巡らす」こと。 何故好きか、と聞かれても…もはや理由すら無い程に、見えない世界への興味、関心、そして情熱...

#1 小夏がもたらしてくれたもの

まだ目も開かない、掌に乗るくらい小さな小さな仔猫。 「私はここにいます、ここにいます」と、庭の物置小屋と地面の僅かな隙間から必死に、 全身の力を振り絞り鳴いていました(猫は普段ほとんど鳴かないので、小夏はきっとあの時、 ...