デザインが循環する景色をみよう。[コロン]

“COLON CORPO”と記された真っ白な建物。中にはゲストルームとアパートメント、今回お話を伺う萩原さんの仕事場であるデザイン事務所「コロン」と、住まいがある。どうぞ、と中に入るようにすすめてくれた萩原さんに、お話する時間を頂いたお礼を伝えた。萩原さんは目尻を下げ、「デザイナーって謎じゃないですか(笑)どんな思いで『もの』を作っているのか、普段どんなことを考えているのか、なかなかお客さん以外は知り得ない。けれどもっと多くの人に伝えた方がいいな、と思う事も多くて。いろいろな形で外から見えるようにしていこう、って考えているんですよ。デザインは、人に共感してもらう仕事ですからね」と話し、玄関の扉を開けてくれた。

-なぜCOLON CORPOをここにつくろうと思ったのでしょうか。

最初は別の場所に事務所を構えていたんですが、震災前、祖父が建てたアパートの建て替えの話が出ていて。そのあと震災を機に、私たちが世の中に向かって伝えていきたい事はなんだろう、自分たちはどう生きていきたいのか改めて考えました。そこで、「通常の3分の1ほどの電力量で暮らせる、エコハウスというのを選んでみよう」と。個人宅でエコハウスの仕組みを取り入れている事例はあったんですが、集合住宅ではまだ前例がなかった。アパートメントは借りの住まいではあるんですが、そこを経験して、家を建てる時に「COLON CORPOみたいな快適な家に住みたい」と思ってもらえたらいいな、と。コストはかかってしまうけれど、社会や環境への投資としての意味があると思っているんです。

-実際に居住されている方の感想はいかがですか。

岩手もそうだと思うんですが、東北地方でエアコン一台で冬を乗り切るって無謀で、ファンヒーターを併用しますよね、だいたい。でもここはエアコンだけで大丈夫な躯体ができているんですよ。東北以外から引っ越してきた方はここを当たり前と思っていて、他の場所に引っ越したときに「COLONは快適だったんだ!」って気付いてくださるみたいです(笑)

ていねいに暮らしている気配は、階段の端っこにも。

「自宅の方もご案内しますよ」と進む萩原さんの後についていくと、奥様でありコロンのデザイナーでもある川勝さんが待っていてくれた。「ここはゲストルームに泊まった方とご一緒に食事をいただくダイニングです」と促されたテーブルは横に長く、8人は座れそうな大きさ。壁にはミッフィーで有名なディック・ブルーナの原画がある。萩原さんがオランダに行ったとき我慢できず、手に入れて帰ってきたものだそうだ。「大きな影響を受けた」という北欧のデザイン環境について、そしてコロンのデザインについて、お話を聞いてみよう。

-萩原さん、ご出身は山形ですか?

いえ、ぼく茨城出身です。東北芸術工科大学(以下、芸工大)に入学して、山形に来て。

-茨城ですか。川勝さんはご出身は?

埼玉出身です。でも祖父母の家が山形にあって、芸工大に入学してからは、そこから通っていました。

-お二人ともこちら(山形)ではないんですね。芸工大を卒業してから、会社をすぐに立ち上げたと伺いました。

はい、すぐですね。ただ、大学院の時には北欧へ留学もしています。留学前は起業するっていう選択肢は僕の中にはなかったんです。でも、北欧の大学にある「トランジット」をみて考えが変わりました。トランジットは卒業生が自由に使える場所。会社を立ち上げるために必要な知識をつけられるよう無料でサポートしてくれるんです。1年〜2年会社経営について学び、トランジットを出た後は、ストックホルムのアパートメントの地下を自分のデザイン事務所にする。そして、十数年後には今度は先生として、もう一度大学に呼ばれるという流れがあるんです。「デザイン大国」と北欧が言われる理由がよくわかりました。時間をかけて、デザインに対する思考を深めたり、ものをつくる環境が長期的に整っている。それを知ったときに自分の通う芸工大を思い出して、大学で学んだデザイナーが循環できる土壌を、山形で育てていけないかと考えたことが会社設立につながりました。

-デザインを仕事にしながら、アパートメントの経営をする。暮らしまでデザインしていらっしゃるのを実際に見て感銘を受けました。盛岡もそうですが、地方都市はまだまだデザインへの意識が浸透しているとは言い切れないですよね。その中でお客様に価値や必要性を感じていただくのは大変だったのではないかと思うのですが。

おっしゃる通りです。今までデザインにお金を払うという価値観がなかったお客様は、なおさら勇気のいることをしてくださっていると思うんですよ。その勇気に対して僕らができるのは、「相手以上に考える」。どうやったらよりよく解決できるか、自分ごとにして、最初から最後まで考えていく。デザインして終わりではなくて、お客様の先にいる生活者に届くまできちんと考えていきたい。今回のエントワインにも、ABE HOME SHOESのバブーシュを持って行きます。これは1919年から草履を作っていた阿部産業株式会社さんと作った商品です。バブーシュ以外でも、お客様からご相談いただいてデザインを手がけた商品は、流通させるところまで持っていきたいんです。

-分けて考えられがちですよね、デザインと、売ることは。

そう、でも、それをするデザイナーがいてもいい。販売の現場を知っていて損はない。じゃあなぜやらない?ってなると「大変だから」ってことになっちゃうのかもしれないんですけど。その分、そこまで携わるっていうのは差別化にもなりますし、僕らのデザイン力っていうのはそこまでケアします、っていう。

-それにしても先ほどのトランジットの話もそうですが、デザインを育てる土壌は日本と北欧の間に大きな差が出来てしまっている気がします。

北欧の大学一年生の平均年齢は25歳から27歳なんですよ。約10歳の年齢差は、学ぶことへの主体性にもあらわれていると思います。学ぶ内容もすごくリアルで、実際の雑誌誌面に載る企画コンペが授業の中にあったりするんです。

-全然違いますね、実践的。

はい、契約書の結び方や実務もそこで学んでから実際の現場にでる。卒業制作には企業の担当者も見に来て、その場で買っていくようなケースもあるんですよ。

-そういう景色を実際に見てきた萩原さんが、デザインを通して実現させたいことってどんなことでしょうか。

僕は、楽しく生きていくためにデザインを用いているっていう証明がしたいんです。お客さんのその先にいる生活者に伝わるデザインを、仕事を通じて一緒に探していきたいし、デザイナーが良きサポーターになれるといいだろうな、と。地方には問題がまだまだありますから、そんなデザイナーが地方にたくさんいたら、もっといい世の中にしていけるんじゃないか、という思いはあります。

-まさに、北欧で萩原さんがみた「デザインが循環していく風景」ですね。私たちもその景色が日本でみてみたいです。

それには時間もかかるんですよね。デザインって打ち上げ花火みたいに使われてしまうケースもあるので。例えば商品を開発して、「じゃあその結果は?」って考えると、きちんと見えてくるのは僕が死んだ後かもしれない。ぼくは今、芸工大で学生にデザインを教えていますが、パスをしていきたいんですよ。長い目でデザインを考えていきたい。

時間をかけて証明したいですね。ぼくらが生活も含めてデザインし、楽しく生きている事実がデザインの力、考える力の証になる。そして少しずつ、「デザインの循環は、一人一人がより良く生きることに繋がるんだ」と感じてもらえたら嬉しいです。

夢中になってお話を聞いているうちに、時計の針は思ったよりもずっと早足で進んでいた。お二人の穏やかで、でも力強い声の余韻を耳に残したまま、忘れ物を取りに行くため一人階段を降りた。改めてゲストルームを見渡す。黒いバンカーチェアが3脚。奥にはジャノメミシンが乗った大きな机。どちらも天童木工のものだが捨てられていたのだそうだ。「布地を張り替えたり、手入れをすればまだまだ使えます」と萩原さんが話していた。古い引き出しやボロボロに見える引き出しを、デザインという小さな鍵でカチャリと開け、持ち主さえ忘れていたようなキラリと光る宝物をみつけて、磨く。「もう価値がない」「役に立たない」と、一度は誰かから見放されたであろうものがいくつもあるCOLON CORPOのゲストルームの、励まされるような優しい空気。お二人がたどり着きたい、「デザインが循環する」という世界はこんな色じゃないだろうか、と思いながら、机で寄り添う二つの鍵を眺めました。

今回ご紹介したコロンさんも出展するentwine/エントワインには、東北から鹿児島まで『衣・食・住』様々なジャンルで活躍する27ブランドが集います。開催場所は、紅葉から秋を感じる盛岡市・旧石井県令邸。建物に美しく絡まる[つた/entwine]のように、出会い繋がる場所であってほしいと願って名付けられた三日間。たくさんの[縁/en]がうまれますように。

10/04(木)バイヤー様・関係者様のみご入場いただける商談日です。10/05(金)10/06(土)は一般のお客様もお買い物を楽しんでいただけます。

RECOMMEND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です