San Francisco Diary #4

わたしたちはほんとうにちっぽけな存在で、銀河のなかの恒星のように密集しあって日々を生きている。

わたしやあなたが出会うことは星たちが巡り会う奇跡よりはたやすいが、

何というか、出会いとはとてつもない偶然性がもたらした閃光のような一瞬の出来事なのだ。

旅をするたびにいつもそんなことを考える。

たとえばマークとの出会いがそうだ。

マークとはサンフランシスコで一番危険なテンダーロイン地区で出会った。

ポスト・ストリートにある『Kayo Books』を目指してミッションからバスに乗り、ヘイト・ストリートに辿り着く。

注射針や人糞が散乱していて、目の虚ろなジャンキーやヤクの売人がブロック毎に立っているヘイト・ストリートは旅のガイドブックには近づくなと警告されているエリアだ。

その通りをおっかなびっくり歩いていると右手に小洒落たヴィンテージ・ショップが見えてきた。

このエリアに似つかわしいその店のドアを開けると、店主のマークが待っていてぼくににっこりと微笑みかけてくれた。

日本から来たと言うと、つい最近まで日本にいて東京と沖縄の友人のところを訪ねていたらしい。

“トーキョーはとにかくクール。オキナワはチルアウトするには最高の場所だね”

沖縄ののんびりとしたムードに完全に魅了されたようだ。

サンフランシスコには何しに来たんだ?というからぼくは日本で本屋をやっていて、本の買い付けに来たのだと答えると友人が個人で本のディーラーをやっているから、今から紹介してくれると言う。

ビールを飲みながら店内の古着をひと通り物色したあと、店を一旦閉め、マークの友人の住むアパートへ。

通りをマークとふたりで歩く。

どうしてこんな危険な場所で店をやっているのか?と聞くと

“だってここがホームタウンだから。

友だちも食べ物も、カルチャーも。

ローカルから生まれるものは最高だろ?”

と言ってマークはにっこりと笑った。

ふと後ろを振り返ると、日が翳り荒れ果てた通りに美しい影が伸びていた。


RECOMMEND