石巻へ、小さい旅を

盛岡在住の料理家 橋本玲奈さんと、小さい旅。

目的地は初めて訪れる宮城県石巻市。

玲奈:「霧が濃いので気をつけてきてください」って石巻のお友達からメッセージもらったときは、まだ岩手を走ってて全然霧なんてなかったのにだんだん濃くなってきて。夕焼けの時間とちょうどぴったりで山が幻想的だった。

茉莉:高速道路のドライブ、久しぶりだった。もとからドライブは好きなんだけど、今回はほんとにあっという間に着いた。宮城に入ってすぐに一度高速を降りるルートで行ったから、岩手のご近所感がある。

玲奈:うんうん、思ったより近かったね、石巻。おしゃべりに夢中で高速の降り口、乗り過ごしちゃったけど!

茉莉:お宿にチェックインして、夕ご飯の待ち合わせは歩いて10分の「松ばる」さんへ。歩きながら良さそうなお店たくさんあって吸い込まれそうになった。飲食店の活気がお店から漏れてる感じたまらない。

玲奈:21度くらい?の気温だったけど、少し高めの湿度が「海沿いの街」感。潮の気配、した。

茉莉:何が一番好きだった?松ばるさん。

玲奈:ホッキガイのお刺身、サメの心臓、そしてやっぱり「へそほや」。はほんと驚きだった。

茉莉:一番って言ったのに3つでてきた(笑)

玲奈:一番だったら「へそほや」かなー!ほやが苦手な人もあれは食べられるかも。「本体はむりでもへそほやなら!」っていう人いそう。ぎゅっと凝縮してるけど食べやすいんだよね。

茉莉:そしてまるっこくてかわいい!

玲奈:石巻在住のお友達お二人とご一緒したんだけど、いろいろ教えてくれて嬉しかったね。

茉莉:「石巻の魅力は人だと思う」って言ってたの、よかったな。あと「石巻で秘めた恋をするときは、ドライブ中助手席のシートを倒して車に乗るんです、じゃないとすぐ噂になっちゃう」っていうの笑っちゃった。

玲奈:石巻がぐるっと歩いてまわれる街っていうのも先に教えてもらえたしね。盛岡も歩いて楽しめる、って思うけど何気に範囲は広いから(笑)

茉莉:行ったらいいよ!って教えてもらったのどこだっけ?

玲奈:観慶丸、お蕎麦のおもや、まちの本棚、アル・ケッチァーノ石巻、長浜海水浴場、いしのまき元気いちば・・・。

茉莉:旧北上川のことも聞いたね。

玲奈:うんうん、「山口からきた孫兵衛さん」だ(笑)北上川、旧?盛岡にあるのは新なの?ってハテナ浮かんだわ。盛岡との共通点だね、同じ川。こうやって地元の人からいろんな話を聞いてから街を歩く、ってわくわくする。

茉莉:松ばるさん、また絶対絶対いきたい。

玲奈:いきましょう(笑)

茉莉:ホテルもお友達からおすすめの場所教えてもらったんだよね。アットホームで、お部屋も過ごしやすかったし、ゆーっくり眠れた!

玲奈:朝ごはんのパン美味しかった、ホームベーカリーで焼いてるって言ってたね。久しぶりに袋に入ったジャム食べたよ、杏の。

茉莉:私、パン美味しくておかわりしたもん。朝食300円です、ってチェックインで言われた時はパンとコーヒーかな?って思ったけど、すごく満足度たかかった。朝起きたらカーテンから日差しが差し込んでて、「ああ旅の朝だなー」って思ったよ。

玲奈:ホテル、チェックアウトしたらもう29度だったの笑ったわ。「今で?!」って。

茉莉:最初の目的地は長浜海水浴場!じりじり暑かった・・・。ラムネも溶けそうだったよ。海が見えた時!わーーー!って車の中が声でいっぱいになった瞬間、幸せだーーー!ってなった!

玲奈:わたしは神戸生まれで「海、なつかしいー」だったけど、茉莉はしんどそうだったな。

茉莉:陸っ子だからね、散策開始5分で「お風呂に入りたい・・・」って。

茉莉:石巻の海岸の砂は、金色の粒々が混じってて綺麗だった。しゅうり貝ぎっしりもみれたし!

玲奈:久しぶりの海風とか、足元の砂踏んでる感じ、強い日差しも「いいな、海、やっぱり!」ってなったなあ。

玲奈:昔友人から、「どこの国で生まれたとか何語を喋るとかよりも、海で暮らしたか、山で暮らしたかのほうが、聞くと『ああー』って納得する」って聞いたことがあって。

茉莉:なんかわかるかも。玲奈ちゃんはその点やっぱり海っぽさあるわ、広さとか、カラリとした感じとか、水のイメージ。

茉莉:海を離れるころには33度ぐらいだったかな笑 じりじりじりじり

玲奈:行きの道路で「なんか美味しいものありそう!帰り寄れたら寄ろう」って言ってたお店に立ち寄って。

茉莉:お店のみなさん、親切にしてくれて嬉しくなったなあ。ちくわひとつ買っただけなのに、丁寧に包んでくれて、「暑いから」って保冷剤もたっぷり。

玲奈:元気いちばは、海の市場らしい活気。「へい、らっしゃい!」って。あんなふうに魚が並んでるの、盛岡ではあんまりみられない。入口の牡蠣がおかわりしたいくらい美味しかった。

茉莉:3個で300円、って書いていたのみて、間違いかな?って思ったよ(笑)そのあと観慶丸本店へ。

玲奈:お店の歴史を前の日に聞いてから、お店に立ち寄れたのもよかった。セレクトがほんとうに好みだった、また行きたい。

茉莉:わたしは本をお薦めしてもらって買ってきたよ、丁寧に包みなおしてくれて、愛のあるお店だなと思った。また行こうね。

玲奈:わたしはまちの本棚で本を買ったわ。福田さんの展示もみられたし、一ヶ月借りられる「貸出」のシステムすごくいいなあって棚をみてた。

茉莉:お昼ご飯はいろいろ迷って、観慶丸本店で聞いた「おもたか」へ。

玲奈:蕎麦もいろいろ面白いよなあ。盛岡も蕎麦おいしいけど、また違うまろやかな風味で。

茉莉:お店のホールの方の接客が気持ちよくて、待ち時間があったのもすっかりわすれちゃったよー!ここもまた行きたいね!夜限定の焼き鳥、きっとおいしい・・・食べたい!

玲奈:ここも美味しいと思うんだよね、スコッチハウス。建物もかわいいし、気になるな。

茉莉:帰り道でみつけたミニストップでテンションがぐんっと上がったのは、岩手県民あるある?笑 神戸にはあるよね?ミニストップ。

玲奈:神戸だと郊外にはあったかなあ、でも神戸だと移動は地下鉄とかバスが多いからなあ、長いドライブの途中で見つけるミニストップは輝いてたよ。今回はメロンソフトー!

茉莉:そして、無事に帰宅し、今回の旅の戦利品を並べてみましたー。思ったより散財してない、と思った(笑)

玲奈:今夜のメニューは、「三陸の幸と薬味たっぷり半田素麺、醤油麹と黒酢でぐわぁっとまぜてね」(笑)

茉莉:ながい(笑)めちゃおいしいだったよ、へそほや、ちくわ、ちりめんじゃこの黒酢炒め、トマト、たたききゅうり、キクラゲ(黒白)、茗荷、青紫蘇。醤油麹と黒酢でさっぱり。素麺もぷりんとしてて、初めての食感。

玲奈:デザートの草餅は、びっくりしたね・・・甘くなくて。甘くないけど、よもぎの風味が際立っていて面白かった。

茉莉:ほやチーズはどうだった?

玲奈:へそほやに慣れちゃうと「わー!ほや!」っていう風味。うまみたっぷりで、お酒がすすむよね。

茉莉:呑みたくなる味だったよー!次は呑むぞー。今回の旅はどうでしたか、総括。

玲奈:総括・・・うーん、すごい濃厚だった・・・。

茉莉:ホヤの感想とかぶる(笑)

玲奈:ホヤのように濃厚でした!

茉莉:またいこうね!石巻!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる