#4 30kmの壁

30kmの壁。

フルマラソンをやっている人、いや、やっていない人でも一度くらいは耳にした事があるかもしれないワードではないだろうか。この壁に実際に遭遇するにはやはり走ってみるしかない。まあ遭遇せずに済むのであればそれに越した事はないのだけれどね。

ここからは個人差があるので、ワタクシの場合で話させてもらうと、練習で30km を走っても遭遇する訳ではない。フルマラソンのレース 42.195km を走る途中に、ほとんどの確率で遭遇するのがこの壁だ。この壁をスルっとくぐってしまえる抜け道を知ってるの? って人もなかには居たりはするのだが、ワタクシは未だかつてそういうルートを見つけられた試しはなく、毎回のように30km もしくは 35km の壁にバカ正直に正面衝突してしまう。

そこからは脚のつま先から股関節のあたりまで、下半身全てがズーンと重くなる。なんなら上半身までだ。

そうなると心も必然的に折れる。10km〜20km 過ぎまでの意外と行けちゃうかもオレ?っていう根拠の無い自信はみるみる崩れ落ちる。女性ランナーや二回りくらい先輩ではとお見受けするランナーや、いつものあのおじさんにもス〜っと抜かれてしまうのだ。

それが典型的なフルマラソンの失敗レース。近い経験をした事がある人も結構いるのではないだろうか。 ちょっと疑いながら休憩中にコレを読んでいるアナタは、是非3/16(もしくは 3/23) から遂にはじまる MCM(盛岡シティマラソン) にエントリーしてみてはいかがでしょうか。そこで実際に経験してみてからでもクレームを言うには遅くはないかと。(聞こえないフリしますけどね 笑)

ただひとつ先にお伝えしておきますが MCM は「30km の壁」の前に「25km の山」的な高低図となっておりますので、お気をつけくださいませ。

そんなマラソンランナーから圧倒的に人気のない 30km の壁ですが、ワタクシつい先日も懲りずにぶち当たってきました 。 せっかくなので今日はその話しも少しさせてもらおうかと思います。

3月3日(日)、念願の東京マラソンを走ってきました。念願のというわりに実は初めて申し込みをしたんですけどね。 そして何のご褒美か、倍率12倍という激戦の中、まんまと出場権を一撃ゲット。 本当は東京マラソンと提携大会である岩手県の一関国際ハーフで準エリート枠を狙ったんですが、そこは9秒届かずで撃沈………。 まあでもその頑張ったご褒美だったんでしょうね。たまたま中一日の抽選発表で歓喜の雄叫びとなりました。 もはや執念でたぐりよせた感じですね。そんな感じで獲得した権利でした。

1ヶ月前にちょっと体調トラブルあったりで 一時は出場も危ぶまれましたが、ちゃんと大都会を駆け抜ける事ができました。そんな東京マラソン 2019。 当日は予報より少し早まった雨模様。スタート時の気温は5°C程でかなり寒いレースとなりました。 再び日本記録の更新も期待されていた大迫選手も途中棄権という、なかなかトップランナーでも厳しい条件。

ワタクシはBブロックからスタート、一応狙うはサブスリー。スタートラインの通過までは 40秒。 そこから淡々と走る。テンション上がって前半突っ込んでしまわないようにだけ注意してましたが、結果的に逆に抑えすぎでしたね…

ハーフ通過が 1:30:00を超えてしまったのでこの時点でサブスリーの可能性はかなり低くなりました。 少し補足しておくと、おおよその人は前半より後半の方が遅いタイムになるのがフルマラソン。 ちなみに後半の方が速い場合の事をネガティブスプリット。 逆に前半の方が速い場合をポジティブスプリットといいます。(後半のただの失速だとまた違いますが …….) なんか逆っぽい感じしますが、マラソンではこう言います。なのでネガティブで走れる人の方が少ないし難しいという感じですね。 っという事でワタクシがこのレースでサブスリーを達成するには、「ネガティブで走る事」がハーフを通過した時点で追加条件となりました。 さらにこれから壁にも遭遇しないと行けないというのにね。

しかし気持ちは切れずに 23km 25km 28km と刻み、徐々にサブスリー集団が近くなってきます。 あれ、もしや東京は壁ない??っと一瞬夢見た 28km〜30km でした。30km 地点でおそらく集団の70〜80m 後ろまで接近。 最終的にそれが最接近した時でした。ただ30km 過ぎても気力は十分。通過タイムが2時間8分だったのでまだ僅かに可能性は残ってました。

しかし、31km 32km 33km ここで遂に壁ドンです。なんか違うし、なんか古いけど壁ドン。ここからは落ちるのはあっという間です。 またいつもの如く、淡々と追い越していく女性ランナーや強おじさん達を眺めながらの、もはや虫の息のちっさい弱おじさんです。

こうなると、勢いよく掲げていたサブスリーという目標は一気に下方修正し『意地でも歩かない!』っという、 がらっと様変わりした威勢だけいい目標に変わる。そして35km 以降はこの目標を黙々と遂行したワタクシでありました。

結果はグロスタイムで 3:08:40、ネットタイムで 3:08:00 でした。ちなみにグロスタイムというのが一応公式タイムでよ〜いドンの号砲からのタイムです。 一方、ネットタイムはスタートライン通過からのタイム。ワタクシはスタートライン通過までに 40 秒かかったのでこういう事になります。 (今回のレースもっと細かく知りたい方は走る家具屋の方をご覧ください)

っという訳で、今回も壁を超えることもくぐる事も壊すことも出来ませんでした。無念のちっさい弱おじさん。 この壁を超える為にそれぞれが日々の練習を工夫したり、前日のご飯だったり、レース中のサプリだったり、色々な対策を練ります。 自分にあったそういう作戦を考えるのまで含めてフルマラソン。 ワタクシも秋の MCM までにはこの壁をぶち壊せるだけの良い作戦を練り、自信をつけようと思います。

いわて盛岡シティマラソンまであと229日。

#3 エントリー

地元の新聞で発表になり、雄叫びをあげた朝から約1年。

準備が進んでいるのか進んでいないのか、1万人規模の大会を目指しているとは思えない程の、良く言えばこの少し謎めいた感じ。

そして市民(ワタクシ)が 「期待 < 不安」 の想いで満ちあふれている今年のビックイベント、そう、ラグビーワールドカップ 2019………ではなくて、いや、これも楽しみというかこっちの方が世間一般的にというか、岩手県としてはメジャーイベントなのかもしれないけど、 ここで言いたいのはもちろんそれではなくて、はい、もうお解りですね、盛岡シティマラソン、 3月にはもう募集が開始されるようです。

他の地域もそうですが、フルマラソンに関してはハーフまでの大会に比べるとエントリー開始時期がだいたい早い事が多い。フルはやはりそれなりの準備が必要という事。タイム狙いのシリアスランナーは逆算して PB(パーソナルベスト) 更新に向け調整するでしょう。ファンランや旅ランの位置付けで遠方からの参加の方は、飛行機や新幹線のチケット手配、ホテルの予約、 美味しいご飯やさん探しや、走る家具屋探しにも時間をかけたいでしょう。最後はちょっと違うか笑

なんにせよエントリー時期が早くて迷惑だという方はほぼ居ないかと思います。 エントリーが開始されたら、じゃんじゃん迷う事なくエントリーしちゃってください。来年はもう抽選になっちゃうよくらいの勢いで。 うっかり忘れてしまっている隣りのおじさんにもちゃんと教えてあげてくださいね。

マラソン大会にはじめてエントリーする方は 『RUNNET/ ランネット』で検索してみるといいです。 たぶんランナーの大半の方はこのサイトを一度は開いた事があるでしょう。それくらい走っている人の中ではメジャーなサイトです。 ここから簡単にエントリーもできます。(ちなみに2/14現在ではまだ盛岡シティマラソンのエントリーは掲載されてないです)

全国的に見ると、大会当日の 10/27(日) は関東圏では水戸黄門漫遊マラソン、北陸では金沢マラソンや富山マラソンなど 近年はじまった人気大会も開催される日。実際、金沢マラソンはワタクシも参加した事がありますが、大会の雰囲気やコースもとても良い大会でした。第1回の開催前から、インターネットの情報だけでも、大会としての意気込みが東北まで伝わってきました。

盛岡はどうか? まあ現在のところ正直、例えば1回目の金沢と比べると寂し過ぎるかなと。準備も意気込みもセンスも。 ただ、盛岡市民であるマラソンジャンキーの一人として、ポテンシャルは現在ある人気大会を凌ぐものが十分にあるマチだと思ってます。 いや、マジでこれ本当に。回を重ねてクオリティをあげていくという事は前提ですけどね。 『盛岡の大会、第1回からずっと皆勤賞で走っているんだよね〜オレ or ワタシ』っと自慢できる大会になって欲しい。 心からそう思っております、思い過ぎているだけにたまにディスりますけどね。そんな盛岡シティマラソンのエントリーは3月の……何日からかワタクシはまだ知りませんが、エントリー開始したら忘れないうちにポチっとどうぞ。 今iPhone を左手に持ってこれを読んでいるそこのアナタも御願いしますね。

いわて県民の方は言うまでもなく。遠方の方は 2019年は関東でもなく北陸でもなく是非いわて盛岡へ!

いわて盛岡シティマラソンまであと255 日。

#2 [42.195km]

フルマラソン 42.195km

そもそもマラソンというワード自体は紀元前450年頃のギリシャでのマラトンの戦いにあると言われているようである。 この辺は検索するとすぐに出てくる。【.195km】という半端な部分に関しては、第4回ロンドンオリンピックの時、王女アレクサンドラが言った 「スタートを城の窓から見たい、ゴールは競技場の我がロイヤルボックスの前に」というわがままで伸びたらしい。

これも調べると色々と出てはくるのだか現代のマラソンジャンキーであるワタクシとしては、そんな理由は正直どうでもいい話しである 笑

ただ、この.195km のお陰でフルマラソンにおいてのサブ3 (3時間を切ってゴールする事)、サブ4 (4時間を切ってゴールする事) の壁からはね返され、相当悔しい想いをする市民ランナーが結構いるという事実は確実にある。

ちなみにワタクシのタイムは、フルだとサブ3の1.5歩くらい手前のところにあり.195km の悔しさを味わえる程の際どいタイムで完走した事はまだ無い。。。 できれば来たる3月3日の東京マラソンで一気に超えてしまいたいとは思っているが、そううまくいかないのがマラソンの難しさであり、面白いところ。

とりあえず王女のわがままが可愛くおもえるくらい、余裕を持ってのサブスリーが現在の目標であるワタクシ。 がしかし、10月の盛岡シティマラソンの頃までにはサブエガ (2時間50分を切ってゴールすること、誰が最初に言ったか知らないが うまいこと言ったもんだ) を狙えるくらいのスリルあふれるレースをしたい、という野心も持っていたりもするがそれはまだここだけの内緒。

隣りのおじさんにも言っちゃダメです。

タイムの話しになったので、せっかく…っというかほぼ強引にフルマラソンにおいてのタイム(ペース)の事を少し説明してみようかなと思います。

例えばサブ3が目標の人は、4:15/km のペースで走ると2時間59分台でゴールはできるという計算。 サブ4は 5:40/km、サブ5は 7:00/km、サブ6は 8:30/kmで走るとそれぞれ達成できるという事になる。 フルマラソンの制限時間は6時間~7時間位の大会が結構多いので6時間を切れればまず、おおよその大会で完走の喜びを味わえるでしょう。8:30/kmペースというのは個人差は多少あるとは思いますが、実際のところ走るというよりは早歩きくらいの速度です。

フルマラソンなんて絶対無理と思っているそこのアナタには朗報ですね。走らなくても完走できるんですよ、いつもより少し長い時間を、いつもより少し速く歩けばいいのです。しかも途中のエイドではきっと盛岡の名物を沢山食べる事ができるでしょう。そんなとてもオイシイ話しです。

隣りのおじさんにも是非教えてあげてください。

どうですか? 走れる気がしてきませんか? ってそう簡単に走れる気がしないのは知ってます。 言う程簡単な事ではないですからね、語呂合わせで「死に行く覚悟 / 42.195」とも言われてますからね。死んだら絶対ダメですけどね。 でもちょっとだけ走れるかも? って思う方が3人くらいは居るか居ないかは知りませんし聞きませんが、居たら嬉しい! っというプチ勧誘です。

是非、前向きに積極的に騙されてください。足が痛くて翌日の仕事に響きましたというクレームは一切受け付けませんけどね 笑

いわて盛岡シティマラソンまであと293日。

#1 Did Not Finish

2018 年 2 月 14 日の朝。
衝撃的な発表に雄叫びをあげたワタクシ。
チョコレートと共に愛の告白をされた訳でもないし、そもそも最近はそういうイベント事とはほぼ無縁な夫婦+子一人の生活を送っている …… ん?そんな事が言いたかった訳ではない ……… 笑
引っ張ってもしょうがないのでとっとと正解を発表したいと思う。

地元新聞記事に 【マラソン 盛岡で構想 来年開催目指す】という見出しが踊ったのだ!

これは盛岡在住のマラソンジャンキーにしてみたら雄叫びをあげずにはいられない。しかもフルマラソン。
盛岡でテニスのデビス杯が初開催、というある意味、見出しを食い気味の破壊力抜群の情報はここではあえてスルーして、と ……。
数年前から、仲間うちの呑み会の度に何度か話題にあがっていた盛岡のシティマラソン問題。
問題という言い方は語弊があるかもしれないので、一応変換しておくと『期待』というニュアンス。
街並み景観(コース)、文化度(応援、観光)、特産名産品(エイド、お土産)様々な要素でポテンシャルがこんなに高いマチなのに、何故無いのだろう、どうして開催しないのだろう?
世の中は空前のランニングブームで全国各地で新たな大会が新設されている中、盛岡は何をしているのだ〜。
もう既に遅いくらいだよ〜っと、お酒の席だと余計熱くなってしまう、そんな盛岡シティマラソン問題(期待)。
っと、なんだかんだ言うものの結局のところは、あったらいいな、きっと盛り上がる、何よりワタクシ自身が普通に盛岡の街を走りた過ぎるー!というシンプルなそういった感情だ。それがついに、遂に、届いた。

真面目にそう思った。そんな 10 ヶ月前の朝でした。

2019 年の 10 月 27 日(日)AM9:00 岩手大学正門前スタート。
ここまでは公式 HP にもある通り正式に発表されている。フルと 10km…… ではなく 8.5km、それと2.5km のペアラン、この3種目で目指すは1万人だ。フルが 7000 人なので、まずそこがメインにはなってくる。
フルのコースは陸連(日本陸上競技連盟)の公認もとる予定みたいだしね。
岩大前がスタートだということ、HP やロゴのデザインが ……… という部分には一度目をつむって、個人的には全力でこの大会を応援したいと思っている。
もちろん道幅が広い方が安全なスタートができるし(これはホントに何かあってからでは遅いのだけど …)、HP やロゴはもっとカッコイイ方がいいに決まっている(言っちゃってるし 笑)。
今後製作するであろう紙モノだったり、T シャツだったり、タオルだったり全てのグッズにも関わってくる訳だしね。
ただ、マラソン大会自体、回数を重ねて成熟して行くものだとマラソンジャンキーな市民ランナーとしては思っている。シティマラソンはみんなで作り上げるものだ。交通規制などで不便もかけるので、シティマラソン系は走らない人にとっては、お世辞にも楽しめるイベントとは言えないかもしれない。
ただそれほど興味がなくても、家族や友人が出てたらきっと応援したいだろうし、隣りのおじさんがこの大会の為に頑張って練習していたらやっぱり応援して欲しいし、ちっさい家具屋が走っていたら尚更応援して欲しいのだ。
最後は余計だが、走る人もそうでない人も市民みんなで是非盛り上げて欲しい。そういう事だ。
という訳で、盛岡シティマラソンの話はもちろんの事、ワタクシ個人の勝手なマラソン感をここでたまに語らせてもらうことになった。そんな場を提供してくれる側もどうかしてるよな〜っと思いつつもせっかく頂いた場なので、マラソン同様 DNF(Did Not Finish)いわゆる途中棄権にはならないよう、LSD(Long Slow Distance)的な感覚でゆっくりと長く続けていければと思います。よろしくどうぞ ……….


いわて盛岡シティマラソンまで あと318日。