A Day In Coffee Town #3

両手の平で包んだカップをゆっくりと鼻に近づける。 口もとから液体を流し込む前に、唇で止め、カップを顔の方にゆっ […]

Read More

San Francisco Diary #4

わたしたちはほんとうにちっぽけな存在で、銀河のなかの恒星のように密集しあって日々を生きている。 わたしやあなた […]

Read More

ヒカリヒト #1

小夏がもたらしてくれたもの まだ目も開かない、掌に乗るくらい小さな小さな仔猫。 「私はここにいます、ここにいま […]

Read More

シュプール同盟#2

7月のある日 こんにちは。今日は暑すぎて、今、池袋でお茶をしています。お昼に池袋のスタジオを見学してきました! […]

Read More

A Day In Coffee Town#1

7月のある日 16時30分 窓際の席、右側。 木漏れ日がノートに映る。夕方、という名前がついてもおかしくない時 […]

Read More

San Francisco Diary #3

街に夕暮れが迫っていた。 柔らかな光がぼうっと窓の外を照らし、しずかに一日が終わろうとしている。ぼくはチャイニ […]

Read More