#46 盛岡市内丸5-3

盛岡駅方面から桜山へ。

櫻山神社の少し手前で、足をゆるめ「どうする?」とお決まりのやりとり。

パァクにいく?リーベにしようか? うん、あれ食べたいから、今日はリーベ。


二階に上がり、「元気してた?」とテーブルに頬杖ついて身を乗り出す。

程よく離れた4人掛けのテーブルと、友人の家のような親近感の湧くソファ。

ぐるりと他の席を見渡すと、女子高生がパフェ、サラリーマンが打ち合わせ。人の気配はもちろんあるが、じっくり聞き耳立てないと会話の内容まで聞き取れない絶妙な距離感。安心して話した、わたしたちの内緒話も、ふわふわのソファに吸い込まれていった。


Luontoのキャンドルに、ときどきお世話になっています。

アトリエでずらりと並んだビンの前に立ち、言葉や、香りの名前は、一度目を伏せ、とっぱらってしまいましょう。

そしてひとつひとつ蓋を開け、香を。

今一番自分が欲しい香りを鼻と直感で探すのです。

今回は #07のこちらでした。爽やかで、うすくやわらかいレモンイエローに白を少し混ぜたような。蓋の裏にはこんなことば。

challenge「新しい可能性」

飛び越えた先は

飛んだ者にしか見えない世界が

広がっている

チャレンジ、っていってもそんな大げさなことではなくて。

あ、今日わたしはカレーにカマンベールチーズをのせてみたんですが、それだってチャレンジ。カマンベール&カレーという新しい世界をみたのです笑

それにしても、キャンドルを灯す時間をもつことができた次の日は、すごく調子がいいな。

今日もLITERSでお会いできてうれしいです。

むだといわれそうなこと、遠回りにみえること、もっとやっていきたいです。ご一緒にどうですか?

RECOMMEND