#47 盛岡市内丸12-2

土曜日、日曜日は「盛岡という星で」のビジュアルブックを配布に、盛岡市役所へ。

事前にお申し込みいただいた学生さんと、盛岡にお引越しをしてきた方々に一冊ずつ手渡しで。


Instagramのフォロワーや、いいね!の数や、そういう指標でアカウントのパワーというか影響力は測られがち。そういう考え方も正しいし、ある意味では公平なんだろう。

でもやっぱり、顔がちゃんと見える、声が聞こえる、一対一の時間がわたしはすきだなあ。

偉い人、とか、有名な雑誌に載る、とか、そういうものには興味があまり湧かない。「なんでなの?」って友人に言われるまで、理由を考えたこともなかったんだけど、元からの心のクセ、というよりは後天的な理由な気がして、「接客業をしていた時間が長かったからじゃないかな」、と答えた。

むかし働いていた舞浜のホテルで、「スイートルームにご宿泊のお客様には、古くからの友人のようなリラックスした気持ちで。リーズナブルな客室にご宿泊のお客様にはスイートルームをご案内するような気持ちで」と言われたことがあった。

なにより、一緒に過ごす人に、緊張して欲しくない。仮にその人が著名な人だとしても、その肩書きの内側にある、素の自分で話をして、のんびりと時間を過ごして欲しい。それには「尊敬しています」とか、「ずっとファンなんです」とか、「あの記事、読みました」とか、言ってしまうとヨソ行きな自分を発動させてしまう気がして。

あと、フラットでなくなるようで。わがままだなあと自分でも思うけれど、尊敬している人とも、憧れている人とも、小さな子どもとも。向かい合う姿勢、声、態度はブレずにいたいなあとおもうのです。(たまに怒られたりもしますが笑)

盛岡という星で、のビジュアルブックを「どうぞ」とお渡ししながら、そんなことを考えたり、岩手公園まで散歩して薄焼きを食べたり、中津川に反射する光のスタートを探したり、みんなでスプラトゥーン2をしたり。よい週末でした。

オオイチョウさん。遠くから見ると少し黄色味がかってみえました。あれ??イチョウ?

近くに行くと、なるほど。小さな黄緑が芽吹いていました。

秋のはじめ、てっぺんだけ色が変わったちょっとひょうきんな姿もすごく好きなのですが。

この淡くてほわーーんとした黄色も、夢みたいにいい色でした。

「中津川のイチョウは二度色づくんだね(キリッ)」と、笑いながら、東家さんのカツ丼でお腹いっぱいの春の日でした。


今日もLITERSへ来ていただき、ありがとうございます。あの仕事とこの仕事と、生活と遊び、こどもたちとのんびり過ごす時間も。…まだペースが掴めない4月です。掃除と洗濯を怠ると全部がガタガタになることはわかった。

RECOMMEND